結構希望(小池さん)に期待している件について…希望の問題点をまとめてみた

一昨日衆議院が解散され、各党は選挙のための準備に取りかかっています。

そんな中台頭してきたのが希望の党。

自民党、民進党、自由党、こころからの流入によって野党第一党となる勢いになっています。

しかし、ツイッターなどのメンションでは相当辛口のコメントがされています。

そこで希望の問題点をまとめて、そのフィードバックをしていきたいと思います。

・都知事であるのに政党の代表をやるのは無責任
維新の代表である松井一郎が同じことをやっている。これは国会でも都政でも結果を出せば良いわけで現時点で問題ないのではないか。もちろん、仕事のキャンセルなどの支障が既に出ているので、これはマイナスポイントに加算するが、副知事を登用するなど対応を図っているので現時点で是非の結論を出すのは難しい。

・烏合の衆になるのではないか
この懸念はどの政党にだってあるので、本来なら平等に判断すべきだ。しかし、国民は既に日本新党や維新などの例で、烏合の衆と課す新党を幾度もみてきた。

新党としての軸を示すため憲法と安保についての考えを壁とする方向で入党や公認の制限をしているようだ。これから自由党や民進党左派の議員の受け入れをどうするかでこの点ははっきりするだろう。

後は、小池さんのガバナンス次第。小池さんという重しをのせることでガッチリ党の方針を統一することができるかだ。今の所、入党している人達の考え方はそこまで違いはない(小沢さんの入党はいかがなものかと思うが)。

 

・民進党の議員と合流した時点でダメ
典型的な民進党アレルギー。

しかし、私にも若干ながらそれはある。

決められない党のガタガタのガバナンスやあやふやな党の理念。民進党には問題が明らかにあった。民進党の議員より自民党の議員をまともだと考えてしまう先入観は僕も正直持ってしまう。

しかし、民進党内の個人政治家とあれは話は違う。

細野さんや松原さんなど、憲法改正や安保について前向きな議論を展開している保守派が明らかにいるのだ。こういう人達は蓮舫体制のなか、自分の政策を個人として訴えることも難しかった。

そういった人達はきちんと希望が拾うべきだ。

 

・自由党と合流した時点でダメ
自由党の小沢さんが合流=自由党議員全員が合流と考えている人が多いようだが、それは違う。

小池さんの判断によるが、自由党全員が入党とは限らない。というかむしろ小沢さんだけの可能性もある。

 

このように私はわりと希望を肯定的に捉えている。

まあ、入れないと思うけどね。

 

高野純市

Facebookはこちら

Twitterはこちら