ブレたっていい。

 

 

ぶれずに1つの軸を持ち、芯をもってやっている人はたしかにかっこいい。

 

何をやっているか外から見てもわかりやすいので応援しやすい。

 

逆にいうとブレている人は何をしているかわからないし、

すぐに言っていることが変わるので、応援しにくいしよくわからない。

 

はたから見ると、「なんだあいつ、言ってることまた変わってるじゃん。」となるので、

ある人は呆れ、ある人は愛想を尽かす。そして応援してくれる人が減っていく。

もしかしたら0になるかもしれない。

誰も応援してくれない状態で活動をしなければならないかもしれない。

 

それは恐怖だ。

「もうブレてはだめだ。充分ブレた。」と。ここからは大きな軸を作るんだ。

そのことに完全にとらわれてしまう。

 

しかし、あることに気づいた。覚悟が消えていたのだ。

ブログで発信し、SNSで共有し始めたとき覚悟した。

確実に友達は減るし、叩かれるかもしれない。陰口をたたかれるかもしれない。

覚悟して共有した。

 

大学でお金をはらって授業をうけに来ているのに授業を聞かず

マンガを読み、単位は落とす。なんのために生きているのかわからない自分を変えるために。

 

なのにだ。なぜ周りを気にしていた。一瞬でも気にした自分が恥ずかしい。

覚悟が足りなかったのだ。

 

そこでブレる理由を考えた。

それはまだ自分がブレないまでの軸を見つけていないからだ。

 

ブレない太い軸を見つけるには、ブレる必要がある。

 

どんなに今ブレていない人でも、ブレていた時期はあるはずだ。

 

夢のかなえ方は2つあるときいた。

拡散型と目標達成型だ。

 

拡散型は好きなことにとびつき、1つ1つ達成していく方法。

目標達成型は、1つ目標を決めて、その軸に沿って取捨選択していく方法。

 

前者はブレている。後者は軸がある。

 

僕はこのハイブリットだ。

拡散型でブレまくり、自分の志を見つける。そしてそれに沿っていく。

 

ブレることは悪いことだと自分に言い聞かせているならば、それは違う。

ブレてしまうのには理由がある。軸がない。

それを探すためにブレるのです。

 

ブレにブレて全力でやりたいことを見つけました。

ここから数年はぶれません。何をやるかも発信していくので見ていてください。

 

ブレることは悪いことではないという話です。

 

橋本竜也

 

Facebookはこちら

 

Twitterはこちら