「何か食わねえとやべえ」

 

誰にだって欠点はある。もちろん、僕にも。

もしかしたら、僕がホームレスをやったり、お金がゼロの状態から生き延びたりしてる事で、「行動力すごい」なんて思ってるかもしれない。

でも、本当は全くそんな事なくて、僕に勇気なんて一つもない。

一人じゃヒッチハイクなんて絶対できない。

 

僕にはやりたいって思いがあるのだけど、それを実行するまでに自分とどえらい葛藤がある。後から話すが、この葛藤が自分の中で本当にキモい。(笑)

 

ただ、ここがポイントで、僕はそんな自分の欠点を理解している。

 

5ヶ月前、僕は東京に行こうと決めた。普通に行っても面白くないから、どうせならヒッチハイクで行こうと。

でも、僕一人がそう思っただけだったら、僕は絶対ヒッチハイクなんてできない。そんな勇気がないんだ。

だからツイッターで『明日、ヒッチハイクで東京行きます!!』って呟いた。すると何百人がそのツイートを見るわけで、もう逃げられない。

自分じゃやれないから、やらざるを得ない状況を作る

言い換えるなら、自分の欠点の補い方を僕は知っている。

 

これはまだマシな方だ。

 

ヒッチハイクで東京へ来て数週間経った時、僕は『ゼロから始めたい』と思った。

そこで所持金を自ら全部使って、所持金ゼロ円ホームレスとなったわけだ。ここでは何かしないと生き延びれないという状況になってしまった。

 

お金のない二日目の午後「何か食わねえとやべえ」状態になった。

視界にたくさん星があったし、歩くのやっとだし、なんか死に近づいてる感覚だった。(笑)

 

そこで僕がとった行動は、持っていたノートに「ご飯食べさせてください!」と書いて、渋谷に立つ…しかねえだろ!と葛藤し始めたわけだ。

なんせ立てない。

あんな大勢の人を前に「ご飯食べさせてください」って書いたノートを持って立つなんて、勇気がない。

 

ここからキモい葛藤が始まった。

 

これしか方法がないと分かってるのに、体が動かない。

この音楽が終わったら、次の信号が変わったら・・・と4時間半。4時間半座りっぱなしだ。

 

結局やらないと死ぬからやるのだが、それまでにクソほど時間がかかる。

 

何が言いたいかと言うと、僕は元々本当に対した人間じゃないと言う事だ。行動力ってのは結果行動したから見られるものであって、その過程で何があるかなんて関係ない。実行力も同じ。

僕は勇気がないってのが自分の欠点だと思うから、その欠点を補うためにやらざるを得ない状況を作る。

 

良い欠点なら関係ないが、もし自分に悪い欠点があり、どうにかしたいと思ってるなら、状況を作るのが一番早い。

状況や環境を言い訳にしちゃいけない。状況も環境も、自分で作れば良い。

 

ツイッターフォローお願いします→こちら

 

tomo@