お金がない。そんな時、思い出した出来事がある。

 

今の僕にとって、消費税増税なんて何の関係もない。

なんせ今の所持金は小銭入れの145円と、口座の81円だけだ。

 

fullsizeoutput_667

fullsizeoutput_668.jpeg

 

まぁそもそも海外に移住する気などない。

それで選挙にも行ってないし、本気で消費税をどうにかしたいなんて思ったら僕は政治家を目指す。

 

ちなみに、一度総理大臣を目指そうかと思ったこともある。

 

毎日会社から帰ってきては愚痴を言う社会人、
年金だけじゃ足りないと言う高齢者、
お金がなくて志望する学校に行けないだとか、
それなのに政治家の不祥事がどうとか訳分からなくなって、だったら俺が日本を変えてやるなんて思ったことがある。

その後政治の世界には無関心になり、中高生や大学生といった若者に焦点を当てた。

 

そんな僕だが、お金に関する出来事で一番印象に残っていることがある。

 

 

それは、所持金を自ら捨ててから最初に携帯代を払わないといけなくなった時のことだ。

 

支払日が迫り契約を切られるという二日前に、一つの手段を決行した。

汐留にあるソフトバンクの本社に乗り込み、どうにかしてもらえないかと思ったのだ。ホームレスとか色々やっててお金ないから、直談判でどうにかしてやろうと。

 

結果から言うと、門前払いで全く相手にされなかった。全く!!!

 

払えなかったら払えなかったでそんな気にしないし、「携帯のない生活の始まりか〜」と思いながら、とりあえずこの一日のことをブログに書いてみた。

 

すると一つのコメントが届いた。

 

『いつもブログ読ませて頂いて元気もらってます。ありがとうございます。ぜひお力になるので連絡ください。』

 

まさかと思った。想像もしていない言葉だった。

そんなことが本当にあるのかと思った。

 

そして僕の携帯代を払ってくれた。ありがとうございますと感謝をされて。

 

これって本当に凄いことだなと思ってて、僕がブログで発信していただけで、感謝されながら携帯代を払ってくれたわけだ。

 

でも、おそらく前の僕だったら断っていた。

人からお金を貰うのは良くない。
さすがに一万を超える金額なんて受け取れやしない。

 

けどそれを断ってしまったら、相手のgiveを断ってしまうことになる。信用されてて、親切で与えようとしてくれているものを、断ってしまうことになる。

 

自分の立場で考えたら、それを断るのは違うと思った。

 

 

だから僕は、正直に言う。

 

 

 

助けてください。

 

やべえ、です・・・

何でもします!!!!

 

一日働くでも、会って話すでも、来年ご飯奢るでも、何でもします!!!

助けてください。。。

 

S__24731650

 

これしか方法が浮かびませんでした。。(また言ってます)

 

鹿児島支店です。。。

 

しぬーーーーーーーーーーーー

 

Star trails and Aurora light at Church of the Good Shepherd, Lak

Star trails and Aurora light at Church of the Good Shepherd, Lake Tekapo, New Zealand